×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

幼児教育とアルク

アルクは、0歳時から始めるバイリンガル教育というキャッチフレーズで英語の教材を提供しています。
アルクでは長年培ってきた幼児教育のノウハウがあり、長年の経験を通じて教材を開発してきています。
エンジェルコース 」というプログラムが0歳から3歳までの幼児に提供されています。

乳幼児期は言葉をどんどん吸収していく時期。
アルクの教材の特徴は、この時期に英語を繰り返し聞かせることで、英語を聞き取る耳の機能を養っていこうとするものです。
エンジェルコース の方法は1日30分間CDを聞かせるというもの。
1日30分を毎日繰り返すことにより、耳の機能の向上を図っていきます。

CDにはグリム童話やアンデルセン童話のほか、マザーグースや遊び歌などが収録されていて、母親の優しい声が語りかける、親と子供の会話なども収録されています。

「童話」や「親子の会話」の合間にはモーツァルトの曲が収められています。
モーツァルトの曲には、集中力や記憶力を高める効能やリラックス効果があるといわれています。
これらの効果を期待すること以外にも、さまざまな音域の音を聞き取る耳の機能を高めていく目的があるようです。

エンジェルコース のナレーションはアメリカ英語ではなく、イギリス英語です。
イギリス英語の周波数はアメリカ英語の周波数よりも高いといわれていて、幅広い周波数の音に対応できるようにイギリス英語を採用しているようです。

アルクの教材は、胎児の段階から使用することができますので、早期からの幼児教育を考えている人にはお勧めの教材です。
6歳くらいまでの幼児教育のためには「アルクのabc DVDボックス」が用意されています。

DVDの中にはミニドラマやアニメーションが収録されています。
ミニドラマには親しみやすいキャラクターが登場するため、飽きのこない内容となっています。
アニメーションは鮮やか色使いで作製されているため、見ているだけでも引き込まれる内容になっています。
ミニドラマやアニメーションと通して身の回りの単語や挨拶などを習得していきます。
DVDには日本語は一切入っていませんが、英語が苦手な親のために日本語のガイドブックが用意されているので安心です。
各パートの時間的な長さは約12分となっているため、幼児が集中するためにはちょうどいい時間設定となっています。

これらのDVDは1日1回見せる習慣をつけたほうがいいといわれています。
英語のフレーズを毎日繰り返し耳に入れることにより、英語をマスターしていくからです。
集中できない時は12分間すべて見せる必要ははく、興味のある所だけを見せるようにしましょう。
少しでもいいから毎日見せることが必要であるようです。
まさに「継続は力なり」といったところでしょうか。

エンジェルコース ではイギリス英語でしたが、「アルクのabc DVDボックス」におけるDVDのナレーションは、アメリカ人によるアメリカ英語となっています。
ネイティブスピーカーですので、正しい発音が身に付くことでしょう。
幼児教育として「エンジェルコース 」と「アルクのabc DVDボックス」を併用している人もいます。
食事中やドライブ時の車の中では「エンジェルコース 」のCDを聴かせ、家庭内では「アルクのabc DVDボックス」を見せるという方法です。

スポンサードリンク

幼児教育とアルクの英語教室

幼児教育としての英語教育に関して、アルクはさまざまなノウハウを持ち合わせています。
それらのノウハウを活かし、全国で1000もの英語教室を運営しています。「Kiddy CAT英語教室」といいます。

「Kiddy CAT英語教室」では、初めての幼児でも無理なくスタートできるように、年齢に応じた教材とカリキュラムを提供しています。
例えば、2歳児や3歳児は「プリコース」から始めましょう。

プリコースで使用する教材は「アルクのabc」です。
英語の歌やアニメに合わせて基本的や会話や単語に触れていくことになります。
この教材は家庭での英語教育にも使用できますので、教室での授業が無い日は家庭で親子一緒に英語を学ぶこともできます。
教室では先生の英語の呼びかけによって授業が進行し、親子が一緒になって英語を学んでいくことになります。

クラスのお友達と一緒に行うゲームなどと通して、英語感覚が自然と身についていくことでしょう。
Kiddy CAT英語教室の先生は審査をパスして認定された人ですので、安心して英語教室に通うことができます。

ほとんどの教室が「自宅を教室にしている」ため、今後もじっくりとお付き合いできる先生に出会えるかもしれません。
全国に1000もの教室があり、どの教室も同じ教材を使用していますので、転勤などで引っ越しても安心です。
きっと引越し先の近所にも「Kiddy CAT英語教室」があることでしょう。
長い期間、じっくりと幼児教育に取り組みたい時は「Kiddy CAT英語教室」はお勧めです。

幼児教育とアルクの英語教室(2)

幼児教育の一環としてアルクの英語教室に子供を通わせるのであれば、幼稚園の年中や年長の幼児は「Kiddy CAT英語教室」の「Aコース」に入ることになります。
Aコースではゲームをしたり、歌を歌ったりというカリキュラムが中心となります。
ぬり絵や切り貼りなどをする時もあるようです。
もちろん先生の英語の指示を聞きながらのカリキュラムとなっています。

このクラスでは先生は英語以外の言葉は話さないようです。
日本語を使用せず、英語のみを使用することによって、知らない文法や単語を聞いたときに「類推する能力」を伸ばすようです。
幼児教育の成果はすぐに表われるわけではないようです。
この時期に英語を学んでも、すぐに英語を話せるようにはなりません。
しかし、目に見える効果は表面上わかりませんが、こどもの耳は確実に「英語を聞き取る耳」になっていくようです。

効果が無いからといって、辞めてしまうようなことをせず、辛抱強く教室に通わせることが大切です。
幼稚園を卒園したら「Bコース」に入りましょう。

Bコースは小学校低学年で英語に始めて触れる子供を対象にしたコースです。
BコースではCDやDVDの教材を使用して英語を学んでいくことになります。
CDやDVDと連動したテキストも使用し、ゲームや歌を取り入れた授業で単語や文法を覚えていきます。
一年生から始めたら、六年生になる頃には中学校3年生レベルの英会話が可能となるようです。
やはり六年間辛抱強く通わせることが大切であるようです。
言葉の習得には「継続は力なり」という言葉がぴったりです。









Copyright © 2007 アルクの幼児教育が今、話題。